FAIRY

FAIRY

MENU CLOSE

FAIRY

BRAND INDEX

CONTENTS

2019.08.23

キャンプやBBQ等のアウトドアにおすすめのUVカットカラコンをご紹介!相性の良いメイクやUVケアも◎

キャンプ場の画像

夏も後半を過ぎましたが、まだまだ陽射しの強い日が続くこの時期、気になる紫外線対策にも手が抜けません!

とは言え、だんだんと過ごしやすい日も増えてくる時期なので、引き続きアウトドアを楽しむという方も多いはず◎

今回はそんなアウトドアを楽しむ時におすすめのUVカット付きのカラコンを、ナチュラル系、色素薄い系、ハーフ系に分けてご紹介します♡

紫外線の影響や、それぞれのカラコンと相性の良いメイク、帰宅後のUVケアについても併せてご覧下さい♪

夏~秋はキャンプやBBQの本シーズン♡

BBQの画像

アウトドアと言えば夏のイメージも強いですが、実はキャンプやBBQに1番向いているのはちょうどこれからの夏~秋にかけての時期なんです!

食欲の秋、スポーツの秋とも言われるように、屋外で食事やレクリエーションを楽しむにはピッタリというわけです♡

アウトドアで着けたいカラコン選びのポイント

カラコンのパッケージの画像

アウトドアでは動きやすいカジュアルな服装が基本!服装がシンプルになりやすい分、発色の良いカラコンで休日らしい華やかさをプラスしたいところ◎

また、アクティブな印象を作る明るいカラーを使うことで、アウトドアにピッタリな明るい雰囲気も演出できます♪

さらに今回は、アウトドアでどうしても避けられない紫外線の対策として、UVカット付きのものを選びました♡

目から吸収される紫外線をカラコンでカット!

カラコンの装着画像

紫外線対策といえば主に肌を守る対策がイメージされますが、実は紫外線は目からも吸収され、美容や健康に悪影響を及ぼしてしまうんです!

「特に思い当たる原因がないのに突然目が充血して痛い…」なんて時は、目が紫外線を浴びすぎたことが原因の場合も…。

アウトドアのように外で長時間を過ごす際には、UVカット付きのカラコンで目から入る紫外線も防ぎましょう◎

キャンプやBBQにオススメのナチュラル系カラコン♡

アンバーブライトの商品画像

アウトドアではナチュラル系カラコンでもナチュラルすぎないものを選ぶと、シンプルな服装でも垢抜けることができ地味になりにくいです◎

普段は裸眼風カラコンしか使わないという方や、カジュアルな服装が似合いにくいと感じている方にもオススメです♡

ナチュラル系カラコンと相性の良いアウトドアメイク

アイライナーの画像

ナチュラル系カラコンにはカラーアイラインでアウトドアらしい遊び心をプラスしましょう!

アイディクト アンバーブライト

アンバーブライトのモデル画像

アンバーブライトは自然なぼかしフチに透明感のあるアンバーの発色がキレイなカラコン。

ナチュラルながら垢抜けた雰囲気になれるので、カジュアルな服装でも子供っぽくなりにくいのがオススメポイントです◎

アンバーブライトの実際の着画

メイク後の装用画像

★アンバーブライトの詳しいレポを見る

メイクとも合わせやすく、ナチュラルすぎない程良い明るさが華やかさをアップさせてくれますよ♡

アンバーブライトを購入する

キャンプやBBQにオススメの色素薄い系カラコン♡

サニーブラウン13.2のレンズデザイン画像

色素薄い系カラコンをアクティブなシーンで使うなら、場に不似合いな印象を与えそうな儚げなものは避け、暖かみを感じるカラーを選ぶのがポイントです♪

作り物感の少ないリアルな質感のものだと、緑の多い自然の景観の中でも浮きにくいですよ◎

色素薄い系カラコンと相性の良いアウトドアメイク

マスカラの画像

色素薄い系カラコンにはカラーマスカラでイベント感を盛り上げつつ、色素の薄さを強調させましょう♡

ユーザーセレクト サニーブラウン(13.2㎜)

サニーブラウン13.2の商品画像

サニーブラウンは滑らかなオレンジとヘーゼルのグラデーションで、リアルな瞳の質感を実現した大人気のカラコン。

レンズ名通り陽の光を思わせる暖かなカラーと、色素薄い系ながらしっかりとした存在感がアウトドアにピッタリです♡

サニーブラウン(13.2㎜)実際の着画

メイク後の装着画像

★サニーブラウン(13.2㎜)の詳しいレポを見る

サイズ違いの12.8㎜も大人気のデザインですが、少し大きめで発色がわかりやすい13.2㎜だと一気にホリデー感が出せます♪

サニーブラウン(13.2㎜)を購入する

キャンプやBBQにオススメのハーフ系カラコン♡

スパイスライムのレンズデザイン画像

かっこ良く決まるハーフ系カラコンの場合、アウトドアでは近寄りがたいイメージをいかに減らすかを重視したいところ◎

クールさは控えめに、ヘルシーで明るい印象を与えられるものを選んで親しみやすさを演出しましょう♡

ハーフ系カラコンと相性の良いアウトドアメイク

口紅の画像

ハーフ系カラコンにはしっかり濃いめのマットリップで大人っぽく季節感を出したメイクがオススメです!

アイディクト スパイスライム

スパイスライムの商品イメージ画像

スパイスライムは、ライムグリーンにイエローのアクセントが効いた爽やかな色使いのハーフ系カラコン。

ヘルシーでさっぱりした印象が親しみやすく、アウトドア慣れしたようなこなれた雰囲気も作り上げてくれるカラーです♡

スパイスライムの実際の着画

メイク後の装着画像

★スパイスライムの詳しいレポを見る

気負いたくないアウトドアでの軽いメイクにも馴染みやすく、クールな印象にもなりにくいのが高ポイントです◎

スパイスライムを購入する

帰宅後にはアフターケアを

スキンケアの画像

紫外線をたくさん浴びた日は、帰宅後に自宅でアフターケアをすることも大切です◎

紫外線を浴びてダメージを負った肌や目の表面は軽い炎症状態になるため、帰宅後は肌を冷やして沈静化させ、美白成分の入った化粧品や敏感肌用の化粧品を用いてスキンケアしましょう!

また、目のケアには角膜の紫外線ダメージを抑えたり、修復を助ける成分が入ったUVケア目薬を使用すると良いですよ♡

ちなみに私のオススメは、紫外線対策用に作られたロート製薬の「ロート UVキュア」という目薬です◎

使い方に注意!紫外線ダメージを増やす美容成分

基礎化粧品の画像

スキンケア化粧品に含まれる成分の中には、肌につけた状態で太陽光を浴びると肌への刺激が強まり、紫外線ダメージを増やしてしまう性質を持った成分があります!

これらの成分が含まれる化粧品を使用する場合は紫外線を浴びない夜のみに限り、翌朝は肌残りがないよう洗顔をしっかりするようにすると、きちんと紫外線ダメージを抑えつつ美容効果が期待できますよ♪

キャンプやBBQ等のアウトドアはUVカットカラコンで紫外線対策をしつつ楽しもう♡

アウトドアを楽しむ女性の画像

私が今回ご紹介した、キャンプやBBQ等のアウトドアにオススメしたいカラコン選びのポイントをまとめると…

キャンプやBBQ等のアウトドアではUVカット付きカラコンを使えば、紫外線を気にすることなく過ごすことができます!

「普段はカラコンはしない」という方や「UVカット機能は特に重視していない」という方にも、この記事を読んで興味を持って頂けたら嬉しいです♡

着けるだけで紫外線対策ができて、同時にオシャレもできる華やかなUVカット付きカラコンで、美容もアウトドアも思い切り楽しんで下さいね♪



ナチュラル系カラコンレポ

ハーフ系カラコンレポ

夏メイク

秋メイク

色素薄い系カラコンレポ

ページトップへ